ジャズのカテゴリアーカイブ

山田静香トリオ大阪駅から徒歩10分くらいの堂山エリアにJAZZ・ON・TOP(ジャズオントップ)というジャズライブを毎晩演奏しているライブスポットがある。今日はひさしぶりの関西出張だったので、神戸のSONEに行こうか迷ったがこっちにした。ライブスケジュールを見たら、JAZZ・ON・TOPのほうはピアノトリオで、しかも美人のピアニストがリーダーだったからである。これまでこのパターンにはハズレがない。今日も大当たり。山田静香トリオはとてもいいジャズユニットだった。
ピアノの山田静香さんは美しさだけでなくメロディアスな曲もセンシティブでダイナミックな曲も弾きこなすピアノの達人だった。そして、リズムセクションの二人がすごくよかったのである。ウッドベースの畠山令さんは際立ったテクニックを感じさせてくれた。ドラムスの棟弁嗣さんはメリハリの効いた切れ味よいドラムワークを披露してくれた。とても気に入ってライブ後にCDを購入した。

のブログ記事の詳細を読む

kanazawajazzstreetpm4ji.jpg今日からシルバーウィークで秋の大型連休が始まった。金沢では例年この時期は「金沢ジャズストリート」が開催され、金沢市内のマチナカのあちこちでジャズが演奏される。今年も9月17日から3日間の予定で始まった。
今年は21世紀美術館をライブ会場にするという試みがあり、なんと村上ポンタ秀一氏の演奏もあるということでとも興味深かったが時間の関係で行けなかった。しかし、午後3時から夜8時過ぎまでたっぷりとジャズに浸ることができた。

のブログ記事の詳細を読む

jazzstreet2015atrio金沢ジャズストリートは9月19日、20日、21日の3日間、金沢市内の中心部のあちこちでジャズ演奏が繰り広げられるという企画だ。毎年秋のシルバーウィークに開催されており、今年が7回めの実施である。3日間合計の演奏回数は150回以上にもなるという。今年は渡辺貞夫や山下洋輔などの有名ミュージシャンをはじめ多数のグループが金沢に集まってくる。が、候にもめぐまれてさやわかな秋空の下のあちこちで名演が繰り広げられた。

のブログ記事の詳細を読む

jazzstreetkanazawa2014金沢ジャズストリートは9月13~15日の三日間、金沢市の中心部あちこちでジャズ演奏が無料で楽しめる。ホールで演奏は一流ミュージシャンの有料公演だが、その他の特設ステージのジャズ演奏は無料で楽しむことができる。特設会場は、金沢駅、近江町市場、金沢東別院山門前、中央公園、尾山神社、大和アトリオ前、香林坊109前、タテマチなど合計10箇所にある。とくに香林坊ではメイン会場の中央公園だけでなく、周辺に会場がいくつも集中しているので見応え聴き応えがあるエリアだ。今日は香林坊大和アトリオ前広場で午後1時演奏開始のオルガンジャズカルテットからスタート。

のブログ記事の詳細を読む

七尾湾 モントレー・ジャズ・フェスティバルin能登は毎年真夏に開催されており、今年は7月27日(土)開催となった。今回が25回めというから歴史あるJAZZの祭典だ。出演メンバーも豪華で午後2時ころから夜9時すぎまでたっぷりと楽しめる。ロケーションもいい。会場は七尾湾に面したマリンパークで能登食祭市場のすぐ横である。波がおだやかな七尾湾はゆったりと過ごすにはとてもよい場所である。
毎年参加するつもりでチケットを予約するのだが、なぜか用事がバッティングしてしまい、まだ会場でじっくりとJAZZを聴いたことがないのが残念である。

のブログ記事の詳細を読む

森郁さんのボーカル 昨年の夏、富山の総曲輪かふぇ橙で印象に残った美人ジャズ・ボーカリストの森郁さん。甘くて少しハスキー、そして透明感があってやさしいのに芯の強い不思議な魅力の声質を持っている。そのとろけそうなくらい魅力的な森郁さんが7/4夜にライブカスターでライブを行なうということで、店にやって来た。ライブは3ステージ、森郁さんの魅力がたっぷりと感じられるいいライブだった。2ステージ目まではピアノの緑川愛さんと森郁さんの二人のピアノ&ボーカルというシンプルな構成で、3ステージめになるとベースも入り重厚感が増した。

のブログ記事の詳細を読む

溝口尚さん(右)と遠田幹雄 金沢で有名なJAZZピアニストの溝口尚氏は現役の歯科医師・経営者でもある。
最近、溝口尚氏の愛弟子が高校3年生でソロ・ピアノのステージデビューすることが地元新聞で掲載され、溝口尚氏のコメントも載っていた。ピアノを弾くだけでなく若い人の育成にまで尽力されている驚きである。一流の人は二足のわらじを履くのがうまい。その溝口尚氏はほぼ毎週金曜の夜にホテル日航金沢の30階ラウンジでピアノを演奏している。20時、21時、22時の3回それぞれ30分づつ演奏を聴くことができる。ノラ・ジョーンズやビリー・ジョエルの曲を、というリクエストにも応えてくれたのがうれしい。すてきな時間に感謝。

のブログ記事の詳細を読む

ニューヨークの第一線でJAZZドラマーとして活躍している田井中福司さんニューヨークの第一線でJAZZドラマーとして活躍している田井中福司さんが金沢にやってきた。ライブ会場は金沢西泉にある「ラ・フォレスタ」というイタリアンレストラン。店内狭しと来場者であふれかえった。スタンダード・ジャズを中心した選曲で進行し、初めてJAZZを聞くという方でも親しみやすい構成。それでいて須藤さんの渋いギターとセンシティブな田井中さんのドラムスがマッチして、ぐっと惹きつけられる演奏が随所にあり、とてもいいライブだった。
須藤さんは数年前までは神戸のJAZZスポットで演奏していたウェスモンゴメリーばりの有名なJAZZギタープレイヤーで、親指で弾く奏法がしぶくてかっこいい。今は能登に移住して農業をやっているが、こうやってライブをしてくれるのはうれしい。

のブログ記事の詳細を読む

総曲輪かふぇ橙(だいだい) 富山市の中心商店街総曲輪に総曲輪かふぇ橙(だいだい)というライブができる飲食店がある。いわゆるライブハウス的なハコで、玄関上部が大きな空間になっており視覚効果も大きく音響効果も期待できる。8/5(日)夜のライブ出演は、椎名豊(P) / 北川弘幸(B) / Lionel Boccara(Dr)のピアノ・トリオ。途中で女性ボーカルの森郁が参加してピアノ・トリオ+女性JAZZボーカルの4人で演奏。ピアノトリオもよかったが女性ボーカリストの森郁がとても良かった。甘く透明感があるシルキーボイスでささやくようなJAZZを歌い上げてくれた。とても楽しくていいJAZZライブだった。

のブログ記事の詳細を読む

須藤雅彦氏が金沢でJAZZライブ

3年前まで神戸でJAZZギタリストとして鳴らしていた須藤雅彦氏が金沢でJAZZライブを行なった。会場は金沢市伏見台にある山本珈琲。小さな喫茶店だが、昼と夜の2回のステージは満員御礼状態で、なんとか夜の部のライブに参加できた。
須藤雅彦氏のギタープレイはウェスモンゴメリーを彷彿させる、渋くてかっこいい中音域の甘美な音色を鳴らすギターだった。ギターを弾く時の右手がほとんど親指で爪弾くスタイルなのが特徴的。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加