ウイズコロナ時代のビジネス観「ウイズコロナ時代のビジネス観」というセミナーをさせていただきました。石川県中小企業団体中央会の主催で、会場は問屋町の流通会館4階の大ホールにて開催しました。
今回は、会場での受講だけでなくオンライン聴講も可能ということでした。なので、中央会さんの担当者のPCでZOOMに接続し受講希望者に配信するというやりかたで同時中継。講師用のPCとの共有はしなかったのでオンライン聴講の方には画面が見にくかったかもしれません。恐縮です。

 →

yahoolinekeieitougou200.jpgヤフーとLINEが3月1日に経営統合を発表しました。これで日本にもGAFAに対抗可能かもしれない巨大なIT企業が誕生することになります。この件はニュースなどで多数報道されています。経営トップの川邊社長から日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニーとして挑戦していきたい」という決意表明がされています。
さて、このことによって我々の生活はどのように変化していくのでしょうか。

 →

どもどもカフェ53回目どもどもカフェ53回目は2月末の日曜日。ポカポカの日差しがあたたかで、春を思わせるような陽気でした。今年はうるう年ではないので2月28日の本日が月末です。参加者の中には2月末が決算日という企業の方がいらっしゃって、決算日が28日だったり29日だったりするという話題も提供してくれました。創業時がうるう年だとしても決算日は2月末で、決して3月1日になることはないそうです。なんだか一日損した気になるかもしれませんね。

 →

vidiqyoutube200.jpgユーチューブ動画の分析にぴったりのクローム拡張機能がありました。「vidID」です。ユーチューブで動画を再生するだけでPC画面の右上に評価指標が表示されます。vidIQスコアが一番わかりやすくて100点満点で何点かがわかります。だいたい30点を超えるといい評価です。
この「vidID」はブラウザがクローム(Chrome)ならインストールできます。ちなみに私はBRAVEというChromeもどきブラウザを使っていますが無事に利用できています。

 →

木造の醤油蔵輪島市に谷川醸造さんという醤油を製造している食品会社さんがあります。もともとは造り酒屋だったのですが、今はお酒の醸造はやめて味噌醤油を中心にしています。
その谷川醸造さんの木造の醤油蔵の前を通ったとき、ぷ~んと醤油のよい香りが漂ってきました。
今朝は氷点下の冷え込みでしたが日中はよく晴れて、まるで春の到来を思わせるような暖かな日差しの中で、とてもよい雰囲気の外観でした。ちいさな春みつけました。

 →

domodomocafe20210221640.jpgどもどもカフェ52回めは春がきたかのような暖かな日曜日の開催となりました。天気がよかったので朝から遠出した方もいらしゃったようです。なんでも「ほたるいか」を食べに富山までドライブしたとか。どもどもカフェに間に合うように帰って来てくれたようでありがたいです。
さて、本日は6名参加での雑談となりました。みなさんからのお話をお聞きするカタチで進めると、話題がいろいろと脈絡ないカオス感あふれる展開ですがおもしろかったです。話題になったのは、音声SNS、最近おもしろかった書籍、玉子春巻きという感じです。

 →

twitteracountpw200.jpg企業広報のためにTwitterを使っている企業も増えています。それにつれてログインできなくなって「無管理状態」のアカウントも増えているようです。しかし、企業公式Twitterアカウントが放置されてしまうととても具合が悪いです。グーグルで社名を検索すると、企業サイトと同じくらいの検索順位で表示されるのに、まったく更新されていない状況になっている企業公式Twitterアカウントをよく見るようになりました。
このような場合、企業公式Twitterアカウントはパスワードがわからなくてログインできなくなっているケースが多いです。とくに当時の担当者が辞めてしまったとか、設定したときのメールアドレスを廃止してしまったときとか、容易にパスワード再発行ができないときにどうすればいいかについて検討してみました。

 →

t119200.jpg令和3年4月から「中小企業119」という新制度がスタートします。これは国が実施している中小企業支援制度である「ミラサポ」を廃止し、その後のあらたなしくみになります。
中小企業119は、国からの委託を受けて制度を運営するのはパソナで、各都道府県の支援機関と連携するので、構造的にはミラサポと同じです。もっとも大きな違いは、運用するシステムがセールスフォースをやめてLINEになるということです。この仕様変更には驚きました。

 →

isicohamadasigyou2001013110.jpg「ホームページドクターの助言が参考に」というキャッチコピーがついた記事がISICO情報誌114号に掲載されました。
ネットを活用した販路開拓と新商品開発が好調、というタイトルで記載されたのは、金沢市の浜田紙業さんです。遠田幹雄は記事中に「ホームページドクター」として紹介されました。浜田紙業の浜田浩史専務の努力がすべてと言っていい内容なので、ちょっと恐縮です。

 →

domodomocafe20210214200.jpg今日は日曜日のバレンタイデーですが、あまり私には縁のない話でした(笑)
さてさて、どもどもカフェは51回め。今日はスペシャルゲストのプレゼンがありました。それは、金沢市で五郎島金時やスイカを生産している有限会社かわにの後継者、河二としまささん(23歳)です。としまささんは、全国農業法人協会が主催する「20年後の農業経営ビジョンを語る全国大会」で北信越代表として3月1日に発表がありますが、その内容をプレゼンしてくれました。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加