社長のアカデミー賞授賞式小阪裕司氏が主宰する「ワクワク系マーケティング実践会」の会員企業による「社長のアカデミー賞授賞式カーニバル」に参加した。会場は南青山にある「ブルーノート東京」。
会員は2019年の一年間に取り組んできた内容を「エントリー」というカタチで毎月実践会に投稿できる。すばらしい取組内容は毎月の情報誌で紹介され、その1年分の内容が最も評価された会員企業にグランプリが授与される。昨年2月にグランプリを受賞したのは板橋区の漬物屋さん「坂井善三商店」で、今回の授賞式のプレゼンテーターでもあった。

 →

syoudokuseminar2020.jpg昨日、東京マラソンの一般枠参加が中止となるニュースが流れた。3万人を超える参加予定者が東京マラソンを走れなくなってしまった。このことで各地に新型コロナウイルス対策としてイベント自粛ムードが一気に高まった気がする。
本日のネットブランディングセミナーは中止にはならなかったが、会場の入口はアルコール消毒液が置かれていた。マスクをつけたままの受講者も目立った。

 →

shokonetseminar.jpgネット活用セミナーを2月18日(火)午後1時半から開催する。会場は金沢市鞍月にある地場産業振興センターエリア内新館3階の石川県商工会連合会の研修室。
セミナータイトルは「ネットを使って商品・会社をブランディングする方法」となっており、内容はネット活用により小規模事業者でも認知度を向上させ集客や売上増加などに大きく貢献させることができるということを事例をなどを含めて紹介する。

 →

dotcomfukui20200213.jpgどっと混む福井2月例会は、遠田と地元会員発表という2本立てセミナーだった。その会員発表の事例紹介が秀逸だった。発表したのは水上恵美子さんで、下着の製造販売で商品開発からのサクセスストーリーだった。売上額の大きさにも驚くが、それよりむしろ彼女の意思決定力の強さと進行能力の高さで社内の合意形成を推し進めていったというプロセスに感心した。もちろん組織力があってこそだが、水上恵美子さん自身の能力の高さが成功を産んだのだろうなと思わせる秘話がもりだくさんだった。

 →

農家のものづくりプロジェクト農家のものづくりプロジェクトは、農業者が自社の農産物を加工し商品化し販売できるまでの一連の経営スキルを高めるための取り組みである。本日より、金沢武蔵のエムザ地下1階中央広場のイベント会場には販売を開始した。石川県内の多数の農家が半年以上取り組んで作った新商品がずらりと並んでいる。試食もあるので、農業を応援したいかたはぜひ会場に足を運んでみてほしい。開催期間は本日より2月16日(日)夕方まで。

 →

comfukuievetn20200213.jpg「どっと混む福井」とは、福井県でネット通販ビジネスに関する自主的な勉強会の集まりである。もう20年くらい継続しており、年商億単位のビジネスを立ち上げ維持発展させている強い経営者たちが多数いる。今でも輝いているネットの勉強会だ。その「どっと混む福井」の2月例会で遠田が講演をすることになった。1月に会長が代わり新体制になってから初めての会に呼んでいただけるとは光栄である。

 →

ampwordpress200.jpgワードプレス(Wordpress)のAMPプラグインを試用開始した。AMPとは「Accelerated Mobile Pages」の略で、スマホなどのモバイル端末でWEBページを高速で表示させるためのしくみである。
ワードプレスをAMP対応にすると、Googleの検索結果に表示されるのがAMPページになり、高速表示されるしくみのAMPページに誘導されることにより、ユーザーが快適にWEBを閲覧できるようになる。また表示の高速化は検索結果の順位上昇にも貢献するはずである。

 →

officesyuhukuqick.jpg先月くらいから、PCの電源を入れて立ち上げるとき自動的にパワーポイントが立ち上がるようになった。スタートアップに入れて自動起動するようにした覚えはないのでなんらかの不具合だろう。その不具合だが、しばらくするとパワポの自動起動が2画面になった。これはなんとか修正しなくてはと調べた。最終的には「オフィスの修復」という機能を使ったら改善した。その記録を残しておく。

 →

kanpa2020.jpg立春を過ぎてから寒波がやってきた。今年初めての積雪である。雪の量はそれほどでもなく数センチ程度だろうか。今朝の最低気温は零下3度程度と北陸は冷え込んだ。昨夜から道路は凍結しつるつるの状態だったが今朝も同様の状況だった。午前10時過ぎ、福井県鯖江市の図書館にやってきたが、つららが融けずに残っていた。今日はひさしぶりに終日寒い一日になりそうである。

 →

ishikawakenrissyun.jpg遠田が住んでいる石川県平野部では雪が積もらないまま立春を迎えた。今日もいい天気で日中はポカポカと日差しがあり、本当に春の日のようである。
これまでの北陸地方の天候といえば立春といえども厳寒期で積雪量がもっとも多いくらいの時期である。金沢気象台のデータでも平年の最低気温を記録するのは2月1日前後であり、バレンタインデーあたりまでは寒い日が続くというのが過去の例である。この冬はあまりにも暖かくて拍子抜けしたくらい。このまま北陸は積雪無しで春になるのだろうか。

 →
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加