BSC経営戦略立案を支援します

BSCは戦略立案ツール、BSC(バランススコアカード)手法を活用して経営戦略立案を支援します

生きた経営戦略を立案実行するためには、経営者のトップダウンだけではなく、第一線の社員たちも意思決定に参加する全員参加のボトムアップ型の経営戦略づくりが有効です。

そして戦略を共有・可視化(見える化)するにはBSC(バランススコアカード)が適しています。
当社は、中小企業の経営幹部や社員が一緒になって自社戦略立案をするお手伝いをしています。
座学だけではなく、意見交換や発表と質問を行う形式を組み込んだグループディスカッションをしながらワーク形式で実践的に学び取ってもらいます。

【バランススコアカード戦略立案ステップ】
バランススコアカード戦略立案ステップ
▼事業ドメイン設定
jigyoudomein.jpg
▼SWOT分析
swot20051101.jpg
▼戦略マップ
BSCactionplan.jpg

バランス・スコアカード(BSC)は、1992年ハーバードビジネススクールのロバート・S・キャプラン教授とコンサルタント会社社長のデビット・P・ ノートン氏に業績評価システムとして発表された。バランス・スコアカードは、企業のもつ重要な要素が企業のビジョン・戦略にどのように影響し業績に現れて いるのかを可視化するための業績評価手法である。

バランス・スコアカードは4つの視点でビジョンと戦略を分析する。4つの視点とは「財務の視点」「顧客の視点」「業務プロセスの視点」「人材と変革の視点」である。

従来の財務分析による業績評価は主として「財務の視点」に偏りがちであった。しかし業績の高い企業は財務だけでなく、業務プロセスや働く人のマインドなど財務以外(非財務)がすばらしく、それが結果として財務で表される業績を押し上げている例が多い。

そこで、バランス・スコアカードでは、財務の視点に加えて、顧客の視点(企業からみるお客様、お客様からみえる企業)、業務プロセスの視点(製品のクオリティ や業務内容に関する視点)、人材と変革の視点(以前は成長と学習の視点と表現されていた、企業のもつナレッジ(アイディア、ノウハウ)や従業員の意識・能力の視点)という4つの視点で評価を行なう。つまり、バランス・スコアカードは、 企業のもつ有形資産、無形資産、未来への投資などを含めた企業の戦略実行能力を総合的に評価分析するツールである。

▼BSC戦略立案シートをダウンロードできます
BSC立案シートのダウンロード
BSC立案シートのダウンロード

BSC(バランス・スコアカード)の記事一覧

https://dm2.co.jp/consulting/strategy/bsc/

当サイト内の関連記事カテゴリをご覧いただけます。

更新日:

        

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加